WordPress多言語化(国際化)ならこの3択!多言語化に際し色々なテーマや構成を試してみた結果、実装している3選

wordpress

WordPress多言語化するには、どの方法がいいの?

先日とある会社から『WordPress + 多言語化』という条件でWebサイト作成を依頼されました。

僕自身、それまで多言語サイトを作ったことがなかいという半分素人だったのですが、さすがにクライアントからの依頼をぶっつけ本番で行うわけにもいかず、自身のPCにローカル環境を構築したり、実際Webサイトを作成して試してみることにしました。

その際感じたのが下記の点。

  • WordPress多言語化の情報があまり見当たらない。
  • WordPressを多言語化した完成度の高いWebサイトがあまり見当たらない。
  • 完成イメージが沸きづらい(URL付きの実例サイト紹介があまりない)。
  • 結局どの方法がいいのか判りづらい。

で、色々と調べ、自分でも色々実践したことを今回報告することにしました。今回は細かな設定方法ではなく、概念や特徴、運用方法などを大まかにお伝えしようと思います。WordPressの多言語化を検討されている方の参考になれば幸いです。

※各設置方法詳細については、僕が参考にさせていただいたサイトさん(サイトーさんではない)のリンクを文中に貼ってありますので、必要な方はそちらをご参照ください。

※また、こういったサイトには大体同じ注意書きがあるのですが、Webサイトやデータの編集をされる場合はご自身の責任の下、必ずバックアップを取ってから行ってください。読者様、閲覧者様が行う行為に関し、当サイトでは一切責任は負いかねます。

多言語化と翻訳は別もの

まず初めに理解しておかないといけないのがここ。

僕も含め一般の方々は、『WordPress多言語化』というと、「プラグインか何かをインストールすると、英語や中国語のページがクリック1つで自動的に作成されるのかな?」というイメージを持っていたりします。

実際それに近いものもあるにはあるのですが、基本はプラグインを使うにしてもツールを使うにしても、多言語化構築ツールと翻訳ツールは別々に準備しなければいけません。下記のようなイメージ

手順1. 日本語ページ(または投稿)を作成

手順2. 多国語のフォーマット(コピー)を準備(これをプラグインがやってくれる)※ただし内容は日本語版の完コピが作成されるだけだったり、結構おかしな翻訳文が出来たり。

手順3. 日本語(または機械による翻訳文)で作成されたページを手修正、または1から多国語の文章を記入

という流れです。

多国語に自信のある方は自分で1から作るも良し、翻訳プラグインなどに大まかに翻訳してもらい、そこから細部の修正を加えるも良し。誰かに依頼するも良し。機械の翻訳をそのまま使うのも絶対ダメと言うことはないと思います。

いずれにせよ、現時点では機械の自動翻訳だけで完成度の高い他国語ページが出来るという幻想は捨てなくてはいけません。※数年後には翻訳機能が劇的に進歩し、自動で完成度の高いものが出来るかもしれませんが・・・

多言語化って2カ国語の切り替えだけしか出来ない!?

いえ、そんなことありません。ここで紹介する方法であれば、3カ国以上の切り替えが可能です。

大まかにはどんな方法があるの?

調べた限り判ったこと。WordPressの国際化として考えられる構成は大きく分けて下記の3つ。

a. マルチサイト化(サブドメイン/サブディレクトリ)日本語版と外国語版の2つのサイトを1つのサーバー内に作りリンクさせ、スイッチャーなどで切り替える方法
 ・multisite language switcher
b. 多言語化プラグインを使う
 ・bogo
 ・polylang
 ・WPML(有料)
  等
c . 複数(それぞれの言語の国の)のサーバーを使う

注)2019年6月現在、本稿には僕自身による設定方法紹介はありません。追って掲載予定ですが、現時点では参考にさせていただいたページのURLを掲載させていただいています。

といっても、これから多言語化に取り組もうという皆様にとっては上記いずれも「何のこと?」ってカンジですよね。安心してください。順に説明いたします。

と、その前に1つ。

まず国際化テーマを探そう

WordPressには国際化対応テーマというのがあり、それを使う必要があります。でないと、上記の方法に従い多言語化をしたつもりでも、管理ページやその他サイトの所々にデフォルト(元々)表示されている文字が日本語のままであったり、文字化けしたりするようなのです。※「・・・ようなのです」という曖昧な表現を使いすみません。国際化非対応のテーマについては実際試したわけではないので事実確認まではしていません。)

国際化テーマを探す方法については下記のページがすごく参考になりましたので、よろしければご参照ください。

無料も多数!WordPressで多言語対応しているテーマ(Theme)を探す方法

それぞれの特徴と有りか無しかについて

c.マルチサーバー型(それぞれの言語の国で複数のサーバー)を使う

まずは 『c. マルチサーバー型(それぞれの言語の国のサーバーを使う)』について。

「なぜcからなんだ!?」と言われそうですが、特に意味はありません。ですが、この「c.は無いな」と思ったので、初めに選択肢から外しました。

どういうことかというと、言葉の通り例えば日本語と英語のサイトを、それぞれの国のサーバーをレンタルするなどしてサイトを作るのですね。単純に日本語のサーバーに日本語で作ったサイトを、新たにアメリカのサーバーに英語で作ると言うことです。

マルチサーバー型のイメージ

こちらにもそれなりにメリットはあります。それぞれ自国のサーバーで作成しているわけですから、表示スピードが速いとか、全く別のデザインやプラグインを使うなども可能です。

反面、手間がかかりすぎます。別サーバー、別データベース、別サイトになるわけですから、保守・運用も通常の倍必要になります。そもそも他国のサーバー契約や、トラブル対応など、ネイティブとやりとりしなければならず、その国の言語に相当長けていないと事あるごとに運用が滞ることになります。

というわけで、この3.は真っ先に選択肢から外しました。そこそこの規模の企業などが運用する場合は有りかもしれませんね。

a.マルチサイト化(サブドメイン型/サブディレクトリ型)

次に試したのが、この『マルチサイト化』。

少々コードをいじる必要がありましたが、僕はけっこうこの型が好きです。

実際、別のサイトでこの『マルチサイト型』を実装しています。

「お前の好みは聞いてねーよ!」と言われそうなので、特徴をお話ししていきましょう。

まずWordPressに実装されているマルチサイト機能を使い、サブドメインまたはサブディレクトリに他国語バージョンを作ります。イメージとしては、日本語版のサイトに対応する他国語版のサイトの型をもう一つ作るような感じですね。で、それぞれメインドメインとサブドメインに作成したファイル(ページ)を『Multisite Language Switcher』というプラグインを使い表示を切り替えるわけです。

マルチサイト型のイメージ

Multisite Language Switcher

Multisite Language Switcherというプラグインについては、他のプラグイン同様、WordPressの管理画面から→『プラグイン』→『新規追加』で、検索窓に『Multisite Language Switcher』と打ち込むとすぐに検索できます。

冒頭にもお伝えしましたが、現時点では当サイトに多言語化する方法詳細は掲載していません。代わりに僕がWordPressを多言語化する際、参考にさせていただいたサイトさんのURLを貼っていますので、必要な方はそちらをご参照ください。

WordPressをマルチサイト化して多言語対応してみたので手順まとめ

b.多言語化プラグインを使う

で、最後に試したのが、『多言語化プラグインを使う』というものです。「他のプラグインと干渉する可能性がある」「サイトが重くなる可能性がある」などのデメリットはありますが、上記『c.マルチサーバー型』や『a. マルチサイト型』と比べ遙かに設置や運用が簡単だと言うメリットもありますので、中でも評判の高い3プラグインに絞って試すことにしました。

  • Bogo
  • Polylang
  • WPML

多言語化プラグインのイメージ

下記イメージのように、この型では、まず1つのサイト(日本語ベースの場合日本語)を作り、それぞれのページのコピーを同じサイト内に作成するという方式を取っています。

WPML

ただ、WPMLについは今回試用を断念しました。

こちらWordPressの多言語化プラグインのなかではかなり有名で、一部のサイトなどでは『最強』とまで謳っていましたので、有料であっても1度試してみる価値はあるかと思っていました。が、下記情報を参考にさせてもらったところ、重くて他のプラグインとの干渉の可能性が比較的多いとのことで諦めることにしたのでした(無料ならとりあえず試してみる手もあったのですが・・・)。

WordPressサイトをグローバルに多言語対応する方法

Bogo

こちら、僕がよくお世話になっているコンタクトフォームのプラグイン『コンタクトフォーム7』と同じ制作者の方が作ったプラグインだそうです。その為か、日本人には非常に理解しやすい作りとなっています。

使い方としては、日本語で作った投稿ページ、固定ページ、メニュー、ウィジェットなどについて、それぞれ多言語版のフォーマットコピーを作成するというものです。

コピーが作成されるだけなので、WordPressの表示設定(管理画面の『設定』が『Setting』になったりしているだけで)本文翻訳などは日本語のままで『英語サイト用のページ』が作成されます。画像などはそのままコピーされるので便利なのですが、文章は全文多国語に書き換える必要があるわけですね。

Bogo運用イメージ(概要)

少し画像付きで紹介します。

今回はWordPressをインストールした際デフォルトで作成されている『サンプルページ』をBogoを使って多言語化したときの例です。

まずBogoをインストールし有効化します。

次に日本語で作成したページの編集画面を開くと右側に下記のような『翻訳を追加』というボタンが現れます。

で、この『翻訳を追加』を押すと、現在編集中の日本語ページのコピーが作成されます。

上記の『サンプルページ』が、そのコピー(翻訳)ページへのリンクというわけです。

ただコピーといっても、下記のように、元版の日本語ページがそのままコピーされただけのもの。ここから全て文章を多言語に翻訳しなくてはなりません。

画像などもそのままコピーされるので、それについては便利です。

ちなみに固定ページや投稿の一覧ページを見ると既に下記のように、日本語ページと多国語のページのリンクが出来ているのがわかります。

二か国語サイトの作り方|ワードプレスで多言語サイトを制作する

Polylang

で最後に紹介するのがPolylang

何を隠そう、当サイトに使用している多言語化プラグインがPolylangで、テーマはちなみにCocoonなのですが、このコンビがすばらしい!僕の様なハンパなオヤジが作ったサイトでもそれなりにプロっぽく見えてしまうほどです。(え!? そうでもない? 笑)

Cocoonについては本題と逸れるためここでは深堀りしませんが、まずpolylangとの愛称は悪くなさそうです。プラグインは基本最小限に止めているのですが、今のところ干渉したりはしていません。

Bogoと比較してどうかと問われると、まだどちらも運用したてでどちらがどうとは言えませんが、Polylangには『Lingotek Translation』という翻訳ツールがセットで付いていて、これが僕には非常にありがたかったといえます。

Polylang運用イメージ(概要)

Polylangも同じくWordPressの管理画面から→『プラグイン』→『新規追加』のページの検索窓にPolylangと打ち込めば出てきますのでインストール後有効化します。※この際セットで『Lingotek Translation』もインストールされメニューに表示されますので、翻訳ツールが必要な方は同時に導入しておくと便利です。

注)下記手順含め、PolylangおよびLingotek Translationの翻訳機能を使う際は充分ご注意ください。僕もやってしまったのですが、頑張って作成した元版(日本語)を機械翻訳してしまい、元の日本語ページが戻らなくなったことがあります(※)。当ページに書かれているものは、同プラグインを運用するか否かの参考材料にしていただきたく記載したものであり、実際の設置、運用に関しては詳細を記した他のサイトや手順書をご参照戴きたく思います。

で、Bogoと同じく、日本語のページや投稿を作成。その編集画面右側に、他言語の国旗と+マークが表示されていると思いますので、それ(+マーク)をクリック。

すると何も書かれていない新規投稿(または新規固定ページ)が開きます。何も書かれてはいませんが、この時点で既に日本語ページと他国語ページで相互リンクが貼られています。なので、ここに翻訳文を書いていくことになります。

※仮のタイトルでWordPres Multi Languageと入れています。

語学力に相当自信があり、翻訳ツールなど使う必要の無い方はそのまま翻訳ページの作成を進めてよいでしょう。多少なりとも翻訳ツールを使われる方は、下記ご参照ください。

翻訳ページが下書き保存された後、一覧ページを開くと、翻訳ページの下書きが保存されているのが分かるかと思います。

ここでは翻訳ページの仮タイトルとして『WordPress Multi language』としています。

この時点で一覧ページの元版(日本語版)のタイトル下に『Upload to Lingotek』とでますのでクリック。

すると、「You are about to overwrite existing  translations. Are you sure?」とでますので、これを『OK』

 

↓次に『Request translations』と出るのでこれをクリックすると、元版(日本語)の翻訳文が作成されます。このとき日本語版の元ページまで翻訳されてしまいそうでドキドキしますが、元ページはそのまま日本語です。※この時点では翻訳文の確認は出来ません(たぶん)。おそらくデータベース上かクラウド上に一旦保存されるのだと思います。

次に上記で作成した翻訳文を先ほど作成した『WordPress Multi Language』のページにダウンロードします。

↓『WordPress Multi Language』の下書きのすぐ下にある『Download translation』をクリックすると『WordPress Multi Language』のページに元版(日本語)の翻訳文がダウンロードされます。

 

『WordPress Multi Language』のページに元版(日本語)の翻訳文がダウンロードされると、タイトルも翻訳された状態で、下記のような表記に変わります。

開いてみると、画像はそのままに文章だけが翻訳されているのがわかります。

後はこの手順でガンガン翻訳ページを作っていくことになります。翻訳作成の必要がないページに関しては上記の手順をなにもしなければよいということになりますね。

以上がWordPress多言語化の方法と手順概要でした。

結論:僕が実装している多言語化(国際化)3選

タイトルにある3択、僕がお勧めするのは

マルチサイト化(Multisite Language Swither)

プラグイン使用(Polylang)

プラグイン使用(Bogo)

の3パターンということになります。

 

Eye-Catch Photo by Carlos Muza on Unsplash

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました